海外での生活を考えると色々心配になりますが、その中でも、お金のことが気になりませんか?毎日の生活費は?お金が足りるだろうか?現地の通貨が使えるだろうか?買い物ができるだろうか?現金を持ち歩いたら盗まれないだろうか?

そこで、現金を持ち歩かなくても済む、クレジットカードについて考えて見ましょう。

留学時にクレジットカードは必要なの?

一昔前は、海外では腹巻の中や靴の中に現金を隠しておけ!なんていうことが言われました。現代でも、海外では現金の扱いは要注意ですが、今はクレジットカードが普及し、便利になりました。また、無職の学生でも申し込めるクレジットカードが増えました。

多少の現金は必要ですが、安全性や便利性を考えれば、クレジットカードは留学の必需品といえるでしょう。また、クレジットカードはお金を支払う以外にも、便利な機能がついています。使い方さえ間違わなければ、旅行や留学生活には大変便利です。

今までクレジットカードには縁がなかった方も、留学を機にチェックしてみましょう。

クレジットカードを持つメリットは?

結論から言いますと、メリットは多くあります。つまり、持たないと不便です。

  • 支払いが簡単:海外諸国ではコーヒー1杯から使えます。
  • 盗難リスクが低い:現金は盗まれたら戻ってきませんが、カードは盗難にあっても、カード会社に連絡すればカードを無効にしてくれ、不正使用分の請求は発生しません。
  • 海外旅行傷害保険:カードを持っているだけで保険が適用される【自動付帯】と、旅行代金をカード決済した場合に適用される【利用付帯】があります。

カードの約款をチェックしましょう。2枚あれば、保障額も2枚分が原則ですが、こちらも約款やカード会社に確認しましょう。保険期間が限定されている場合があるので、要チェックです。長期になる場合は、別に保険に入る事をおススメします。

  • 信用証明:ホテルやレンタカーなど、必ずカードが必要になります。クレジットカードが身分保障証明になるわけですね.
  • キャッシング機能:ATMで現金を引き出せます。

ただし、これはお金を借りる行為ですので返済しなければいけません。いかがでしょう。クレジットカードを持たない理由は、ないですね!

クレジットカードの種類

クレジットカードを使ったことのない方も、

お店の入り口やレジにいくつかのクレジットカードのブランドが表示されているのを見たことがあると思います。VISA,、MasterCard、 American Express、JCB、などです。通常、カードの右下にカード会社のブランドマークが記載されています。

クレジットカードは、基本的に、「カード発行会社」と「決済会社」の2社の構成です。

【例】 三井住友VISAの場合、カード発行会社は、三井住友銀行、決済会社は、VISA,という組み合わせです。

鉄道会社とVISAとか、電話会社とMasterCard、など色々あります。

クレジットカードの申し込み方法

申し込みは、上述のカード発行会社の専用サイトから行うか、

申込書に記入し郵送して申し込みます。インターネットで申し込めば、発行まで期間短縮ができますし、

年会費無料などの特典がついていることもあります。

申し込みに当たっては、カードにより申し込み年齢や収入などの規定がありますから、

チェックしてください。

留学で役に立つクレジットカード(決済会社)は?

マイルを貯めてお得に!海外留学に絶対持っていくべきクレジットカード2選

では、前述の4つのカード、VISA,、MasterCard、 American Express、JCBのうち、どのカードが留学に適しているのでしょうか。

カード発行会社との組み合わせで見ていきましょう。

  • VISA:世界最大の決済会社。世界各国どこでも使えます。原則、VISAははずせません。
  • MasterCard: VISAの次に大手です。国内、国外ほとんど使えます。
  • American Express:先進国、都市部では使えますが、発展途上国や地方に弱い。
  • JCB:日本では唯一の決済会社。国内使用は問題ないですが、海外では弱い。

こう見ると、VISA、MasterCard、American Expressと発行会社の組み合わせということになりますね。

おススメクレジットカードは?

【エポスカード(VISA)】海外で必要な機能が全てあります。

  • 世界最大の「VISA」
  • 年会費無料
  • 海外旅行傷害保険自動付帯
  • 海外デスクサポート
  • 盗難補償

【セゾンブルーアメックス】海外に強いカードです。

  • 旅行保険が海外国内ともに最高3000万円が自動付帯
  • 海外アシスタントデスク
  • Wi-Fiレンタルサービスなど
  • Web申し込みなら最短即日発行が可能
  • 年会費3000円(初年度無料) 25歳以下ネット申し込みで無料

年会費規定は変更されることもありますから、入会時にチェックしてください。先進国や観光国、都市圏ならば、ほとんど使えます。

【学生専用ライフカード】在学中限定で、海外向けサービス機能があります。

  • 年会費無料
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 海外デスクサポート
  • 盗難保障
  • 入会審査が楽

【その他】

  • 海外プリペイドカード(キャッシュパスポート):事前に口座にお金を振り込みます。

MasterCardがあるATMと加盟店で使えます。

  • 中国銀行カード(銀聯デビットカード):日本の支店で事前に作ってお金を振り込んでおけば、

両替手数料も安く、便利です。

留学時に注意すべきクレジットカードの使い方

以上のように、便利とは言え、注意すべき点もあります。

  • 決済時、現地通貨か日本円か:現地通貨です。日本円にすると、その店独自の両替手数料が加算されます。

5%から10%と割高です。現地通貨を選ぶと、その場は現地通貨で決済され、後ほどカード会社の手数料(1.6%ほど)が加算され請求されます。

  • 支払いは、自動的に一括払いのみです。
  • 海外旅行傷害保険:前述しましたように、自動付帯と利用付帯があります。また、保険期間に制限があります。

入会時に要チェックです。長期留学の場合は、別に保険に入ってください。

  • 盗難や紛失したときのために、カード会社の連絡先、カード番号をノートなどに控えておきましょう。カード会社から送られてくる、説明書なども保管しましょう。
  • カードは2枚以上持つこと。1枚を紛失しても、他のカードが使えます。
  • 精算は目の前で、購入内容を確認し、暗証番号を入力し、サインをするのが普通です。もし、店員が、見えないところにカードを持って行くような場合は、買ってもいないものを過大請求する可能性もあります。カード精算は、必ず目の前で、内容を確認、が大原則です。

まとめ

いかがでしたか?

留学時のクレジットカードの選び方は、次の5点に注意してください。

  • 決済機能はVISAが、第1選択肢
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 海外デスクサポート
  • 年会費は無料
  • 2枚以上持つ:VISAとアメックス、あるいはMasterCardの組みまわせなど、

ご自分の状況で検討しましょう。

今回ご紹介したカードを2枚持てば大丈夫ですが、ご自分で調べてみるのも勉強です。渡航先、留学期間を踏まえ、上記に注意し、最適なカードを選びましょう。

そして、楽しく安全な留学生活を過ごしてください