英語学習をもっと効率的に学びたい、そして語学だけでなく文化も学んでより言葉を身近に感じたいと思う方にとって留学はぴったりなチョイスになるでしょう。

英語を学びたいと思った理由は人それぞれですが、誰もが少なくても英語に関するものに興味をいだいていたからではないでしょうか?

海外旅行が好きだから、映画を字幕なしで見たいから、音楽をもっと楽しみたいから、そして英語に興味を持つきっかけとなった国についてもっと知りたいというのが、留学したい、と思い始める第一段階になるのでないかと思います。

何につけても、きっかけは未来に向けての大きなステップになりますね。

そこで、英語を学び始めたことがきっかけで海外留学を考え始めた方、自分にとって一番身近な英語を学べる国へ行って特別な体験をして海外留学を実現させましょう。

今回は、留学先として人気のイギリスについてご紹介いたします。

歴史と伝統を重んじながらも、ポップでモダンな要素もあるイギリスは、多くの人を魅了してやまない国の一つ。

イギリスの留学に興味をお持ちの方へ、留学方法、費用について、人気の留学エージェントを比較し、まとめてみました。

留学をお考えの方必見です。

 

 

留学するのに留学エージェントは必要?

留学をする国が決まったらまず次にすることがどうやって手続きを踏んでいくのか、ということになりますが、よく聞くのが留学エージェントですね。

こちらについて多くの方が持っているイメージは「高い」ではないでしょうか?

どこが安いのか、闇雲に様々な留学エージェントを調べて、料金やそれぞれのエージェントの違いを比較していくことになると思いますが、調べていくうちに留学は高い、と感じ諦めてしまうという方も少なくないようです。

実際留学エージェントを通じて申し込むと手数料がかかり、それが留学エージェントは高いというイメージがついてしまっているかと思います。

でも、実はそんなことはないのです。

留学エージェントは多くの留学先の学校と提携していて、その提携している学校に生徒を紹介しています。

留学先の学校は提携により、エージェントからの一定の生徒数を確保できるので、授業料は通常よりも安く設定されているのです。

また、留学をする際、国や期間によってはビザ取得の手続き、学校探し、ホームステイ先の確保、航空券の手配など、しなければならない手続きがたくさんあります。

これを自分の手で全て行うというのは大変な労力と時間がかかるもの。

その手続きをスムーズに行ってくれるのが留学エージェントなのです。

大変な手続きを信頼できる留学エージェントに依頼すればあとは自分の留学準備に集中きるので精神的にもかなり楽になります。

それでもやはり高いところと安いところ、というように金額に差が出てきます。

なのでポイントはどの留学エージェントを選ぶかということに。

そこで金額的にも安いと言われているエージェントを比較し、どれくらいの差があるのかを確認してみました。

安いと言われているエージェントに、

  • スマ留
  • グローバルダイブ
  • ラストリゾート

があります。

今回はこちらの3つの留学エージェントを比較してみたいと思います。

 

イギリス語学留学の費用を比較

渡航先:イギリス、ロンドン

期間:24週間、語学留学

なお、どのエージェントも

  • 入学金
  • 教材費
  • 滞在費
  • サポート
  • 諸経費

は含まれています。

まずラストリゾートから。

こちらでは、1,770,780円でした。

さずがに物価が高いと言われているイギリス、ロンドンだけあって24週の滞在となるとこれくらいにはなってしまうようです。

 

でもやはり高いですよね。

他社どうなっているのでしょうか?

 

次はグローバルダイブを見てみましょう。

こちらは996,450円。

100万円を切りました。

だいぶ安くなっている感じがしますね。

 

最後はスマ留です。

こちらはさらに安くなってなんと742,000円。

かなりお得感がありますね。

この他にかかる留学費用のことを考えるとこれはありがたいほどにリーズナブルなのは明らか。

 

それ以外にかかる費用

今ご紹介した料金の他にかかるものとしては、

  • 海外留学保険
  • 航空機運賃
  • ビザ
  • 食費、日用品、お小遣い等

海外留学保険は2~3万円ぐらいが相場。

一番金額が高くなるのが航空券になります。

時期によっても変動がありますが、格安航空会社を利用すれば8万円ぐらいでの手配が可能です。

これらに食費やお小遣いを仮に月30,000円として6ヶ月で180,000円。

イギリスの学生ビザの有無になりますが6ヶ月未満の短期イギリス留学ビザが必要になります。

こちらは入国の際に取得が可能という便利なもので費用は89ポンド(約13,000 円)

トータルするとスマ留なら、全体で大体、974,000万円ぐらいで収まる事になります。

6ヶ月の滞在で合計して100万円を切るというのは嬉しい金額。

やはり何かとお金のかかる留学は金額をまず重視したいですよね。

でも、安いだけで行き届いたサービスがなかったり、本当に留学生にとって学べる環境が良いされているのかと不安になるかもしれません。

でもスマ留なら安心して任せることができます。

ではどんな点がスマ留のメリット、オススメしたいポイントなのかというところをご紹介いたします。

>>スマ留を見に行く

 

なぜそんなにスマ留は安いのか?デメリットはないの?

名だたる格安留学エージェントと比較しても圧倒的な安さを誇る「スマ留」ですが、デメリットは無いのでしょうか?なぜそんなに安いのかも含め解説します。

スマ留の安さの理由

スマ留の安さの秘訣、それは稼働時間の低い時間帯を有効利用しているため、です。

次に「選択と集中」です。スマ留で提供しているサービスは語学留学のみです。

また、サロンの数も全国8か所と大手のエージェントと比較すると少なく、選択できる学校の数も厳選されています。

 

また、スマ留は手数料を一切とっておらず、薄利多売の方式でビジネスを展開しています。 これがスマ留の安さの秘訣です。

「安さ」と「デメリット」は表裏一体だが、、

以上の理由からスマ留は

語学留学しか選択できない

学校数が限定されているスマ留では語学学校だけが選択枠です。でもほとんどの海外留学者は、語学留学希望なので逆に選びやすくなります。

授業の時間帯が選択できない

時間帯が選択できないのはデメリットと言えますが、その限られた時間帯は人が少なく、より密度の高い授業を受けることができます。ただでさえ、色んな国から授業に来ている人がいて、質問がしにくい状況だと思いますが、人の少ない時間帯の参加は実は有利と見ることも可能です。

選択できる学校の数が少ない

選択できる学校に関しては、逆に考えると良い学校のみを厳選しているとも言えます。語学留学の場合、そこまでカリキュラムが多いわけではありませんので、講師の質がポイントになるわけですが、先ほど申し上げた通り、スマ留は良い学校に選択し、そこに資源を集中させているのであって、逆に留学を希望する方は迷わなくてよくなります。

サロンの数が少ない

サロンが少ないのは確かにデメリットですが、学生さん限定で東京サロンへの往復のバス運賃を負担してくれるキャンペーンを実施中です。

対象エリアは関東や北海道、九州以外のすべての地域です。他のサロンに近い大阪や愛知、広島、福岡なども含まれているのは驚きです。

  • 対象エリア:宮城県・山形県・福島県・栃木県・群馬県・茨城県・長野県・山梨県・新潟県・石川県・福井県・富山県・愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・和歌山県・奈良県・岡山県・広島県・島根県・鳥取県・山口県・香川県・徳島県・愛媛県・高知県・福岡県

バス会社はスマ留指定のものになります。セミナーをキャンセルした場合は、バス代は自己負担となりますので、ご注意ください。

なお、バスは東京サロンがある新宿帰着とのことですので、東京観光の旅費を浮かせたい学生にもお勧めです(笑)

デメリットとしてあげたものも、そこがスマ留ならではの特徴となりメリットとして捉えることもできますね。

>>スマ留で無料カウンセリングを申しこむ

 

スマ留で留学可能なイギリスについて

誇り高い伝統と、新しい文化が共存する国、イギリス。

イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドから成るこの国は、歴史と伝統を感じる美しい街並みと最先端のカルチャーが混在するロンドンを中心に、地方都市に行けばゆったりとした時間の流れを感じられたり、様々な側面を持っている魅力溢れる国です。

イギリス留学でクイーンズ・イングリッシュをマスターしましょう。

スマ留にはロンドンオフィスがあるので、安心して留学生活を送ることができます。

ロンドン

歴史的建造物など見所のある観光名所が数多く点在し、世界で有数の観光地としても人気の首都ロンドン。

歴史と最先端が共存している街は多くの人を魅了しています。また、様々な人種の坩堝で多様な文化体験が出来るのも魅力の1つ。

ロンドンには、4つの世界遺産のロンドン塔、キューガーデン、ウェストミンスター宮殿、グリニッジを始め、バッキンガム宮殿、セント・ポール大聖堂、タワーブリッジ、など見所が多数あります。

また、大英博物館、ナショナル・ギャラリー、テート・モダン、自然史博物館、ビクトリア&アルバート博物館などの美術館も充実しています。

ウエストエンドにはミュージカル、オペラやバレエ、も楽しめますし、サッカーのプレミアリーグやウィンブルドンテニスなど、あげるだけで、歴史、芸術、スポーツと幅広く体験できる大都市。

留学生も世界各国から訪れていて、日本人にも人気ですが、ロンドンの語学学校は、日本人が比較的少数。

 

オックスフォード

 
オックスフォードは大学都市として有名です。
大学の中に街があると言われているほど沢山のカレッジがまとまっていて、映画ハリーポッターのロケ地として使われた大学も多数あり、人気の観光地でもあります。
 
映画ハリーポッターの魔法学校の食堂のモデルとなったクライストチャーチ、イングランド最古の図書館を所有するマートンカレッジ、珍しいD字型の建築シェルドニアンシアター、など、見所もたくさんあるのも特徴。
 
オックスフォードの語学学校は、日本人が比較的少数なので、英語に集中して学べます。
 

ケンブリッジ

大学都市として有名なケンブリッジは、ロンドンから電車で約1時間程のところにあります。

ケム川沿いに建てられている各大学施設の街並みも、趣があり美しい街。

街には有名大学や歴史的建造物がたくさんあり、最古のカレッジ、ピーターハウスを初め、キングスカレッジの礼拝堂、クイーンズカレッジ、トリニティーカレッジ、珍しい円形の形が印象的なラウンドチャーチ、フィッツウィリアム博物館など見所もたくさん。

ケンブリッジの語学学校は、日本人の割合も比較的少数。

 

リバプール

リバプールはビートルズの出身地として有名ですね。

昔から貿易港の町として発展してきました。町の歴史は古く、歴史情緒があふれる街並みは美しく、ゆったりと過ごしながら学べる街です。

観光スポットとしては、ジョンレノンの生家をはじめとして、サッカーチームリバプールのスタジアム、ビートルズの展示ミュージアムなどがあります。

日本人留学生の数も比較的少ないので、集中した学びやすい都市と言えるでしょう。
 
 

イギリスの治安

 
日本は先進国の中でもまれにみる安全な国と言われていますね。
 
イギリスの犯罪率は日本と比べると高くはあります。空き巣やスリ、窃盗といったいわゆる軽犯罪は日本よりずっと多いので、日ごろから身の回りのものや、夜に一人で歩かないなど、意識して行動することが大切です。
 
 

まとめ

歴史と新しい文化が融合する国イギリス。

流行の発祥地として、音楽やファッション、そしてアートも有名な、世界中から注目されている国の一つ。

また趣のある建造物を残しつつも、モダンな現代の建物があるなど、それぞれが共存しているのがイギリスの魅力といえます。

こんな素敵な環境なら、語学だけでなく文化やライフスタイルなど、自分もまた一つ成長できる経験ができそうですね。

早速確かめてみてあなたの留学の夢を現実のものにしてみましょう。

>>スマ留で無料カウンセリングを申しこむ