近年グローバル化が進み英語がより身近になってきました。

その中で英語を学ぶ必要性も高まってきていることに連れて環境も充実してきているのを感じているかと思います。

それだけ選択の幅も増えてきているというのは学習者にとっては嬉しいことですね。

昔からある英語学習スタイルとしてあるの海外留学もそのスタイルも多様化してより多くの国へ、様々な滞在方法で行くことが可能になってきました。

最短では1週間の滞在から、長期でステイするワーキングホリデーや大学進学まで、用途に応じて選べるようになっています。

さまざまなスタイルがある中で、今学生や社会人をはじめとして人気が集まっているのがTOEFL留学です。

TOEFLなら日本でも勉強できるのでは?と思ってしまうかもしれませんが、それだけ注目を浴びていることだけありその効果も絶大との評判もあります。

でも、間違った選び方をしてしまったら上達を感じられないこともありえます。そのため留学エージェント選び、学校選びは大切です。

そこで今回は、TOEFL対策留学についてご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

>>TOFLE対策留学のことなら何でも分かるSchool withの公式サイトはこちら  

TOEFL留学とは?

TOEFL留学は、TOEFLのスコアアップを目的とした留学スタイルです。TOEFL受験に必要なリーディングやリスニング、スピーキングライティングに力を入れ英語全体の能力をのばして行くものです。TOEFLの目標スコアに到達することで、北米への大学の進学へつなげていきます。

 

TOEFLとは?

TOEFLテストは、米国非営利教育団体であるETSにより開発された英語を母国語としない人を対象に実施される英語能力試験です。TOEICとよく比較されますが、TOEICはビジネスよりのことを学ぶのに対して、TOEFLは、大学のキャンパスや教室といったアカデミックな英語と実生活でのコミュニケーションに必要な英語力全般の能力を、総合的に測定する試験となっています。

そして、北米を中心とする大学に留学するためにTOEFLテストのスコアは必須で、出願書類として点数を証明するOfficial Score Reportの提出が必要です。

TOEFL対策留学の種類

TOEFLC留学は、TOEFLのスコアアップに特化した特別なコースです。北米を中心とする大学に留学するために受けなければならないテストになるので、北米留学への第一歩というとても大切な要素があります。

たくさんの留学エージェントでも注目度が高いだけに取り入れているところがありますが、ここでその特徴をご紹介します。

 

TOEFL試験対策に特化したカリキュラム

TOEFL受験に必要なリーディングやリスニング、スピーキングライティングに力を入れ英語全体の能力をのばして行くTOEFL留学。英語のレベルが人それぞれ違うようにTOEFLでも個人の弱点を徹底的に補強しながらコミュニケーションができるスキルを磨いていかなければなりません。

将来的に北米の大学に入学し現地の大学生とともに勉強をして行くことになるわけですから、より高いレベルの英語の理解力が必要になってきます。

国、学校によりますが、フィリピンではマンツーマンレッスン形式で行っていきます。先に挙げた英語学習や、自分が苦手なところを徹底的に勉強する事ができるので、バランス良くスコアアップを目指せます。

留学先でTOEFL公式試験の受験も可能

日本でも受講可能なTOEFLですが、もちろん海外でも開催されています。TOEFL留学期間中にそのまま受講することも可能です。

現地で受講することによってその成果をすぐに発揮すりことができるのがポイントです。ここで一気にスコアアップも可能になります。

TOEFL留学するときに気を付けたいこと・デメリット

TOEFLに特化した留学スタイルは、その目的達成のために素晴らしい経験になることは間違いと言っていいものですが、決める前に気をつけたいこともあります。

費用が高い

海外留学になるわけですから、やはり金額面が一番のネックになってきます。ただし、これは選ぶ国によってだいぶ変わってきます。留学先として人気のアメリカは、学費の他にかかる生活費も物価が高いために高額です。

アメリカ、カナダなどの北米はもちろんのこと、様々な国の学校でこのコースを提供していますし、北米にはたくさんの学校でTOEFLのクラスがあります。

でも、先ほど触れたように、北米の留学はかなり高額になります。TOEFLスコアを取るまでの間の留学にプラスしてのちにかかる大学での学費を考えると莫大な金額になってしまいます。

それにひきかえフィリピンは低価格で学べるという利点があります。留学先をどの国にするかがポイントになってきます。

 

海外生活と勉強をともにすることで感じるストレス

TOEFL留学は、TOEFLの必要スコアを取得するというのが目的のコース。そのため勉強のストレスを感じてしまうことは多々あります。

また、海外生活をしながら学ぶということでより精神的に負担がかかると感じてしまうこともありえます。しっかり学べる体制と、環境が整ったところで集中できる学校を探すことがポイントです。

 

短期滞在でのスコアアップは難しい

ホームステイなどの短期のプログラムは、1週間からあり、気軽に参加できる人気の留学スタイルですが、TOEFLに特化したクラスでは短期の滞在ではその成果を出すことは難しいことです。

最低でも1ヶ月から3ヶ月の期間が必要です。そのため長期で参加できるかどうかということが問題になってきます。

 

TOEFL留学のメリット

そしてもちろんTOEFL留学にはメリットもあります。具体的に見てみるとよりTOEFL留学について知りたくなるはずです。

TOEFLのスコアが伸びる!

やはりこれに尽きると思います。実際に留学先で対策をすることで、かなり集中的に学ぶことが可能になり、それが目標スコア達成への近道になるからです。海外留学の中でも、大学への入学の場合は、準備期間に時間がかかります。

そのため、できるだけ短期間で必要スコアを取得し次へのステップにつなげて行く必要があります。先ほど紹介したように現地でも留学中に現地でも受けることが可能なので、成果を見ながら学習して行くことができます。

違った環境で学ぶことができる

日本と違った環境の中で学ぶことができるTOEFL留学は、スコアアップはもちろんのこと、グローバルな視野で考えることができる、そして英語に対してより柔軟に考えることができるようになります。

また、周りの学生もTOEFL学習者ということで、一緒に切磋琢磨できる仲間も作りやすいでしょう。モチベーションにもつながります。

スコアを達成すれば未来も開ける

目標スコアを達成することで、大学への進学も晴れて可能になります。大学はもちろん海外の企業に就職したいという方にとって未来に繋がる第一歩になります。

 

通常のTOFLE学習とTOFLE留学との違い

TOEFLの勉強なら日本でもできるのでは?と思っている方も多いでしょう。確かにTOEFLは世界中どこで受けても同じテストですし、勉強することも一緒という点では、通常のTOEFL学習とTOEFL留学は同じです。

では、通常のTOEFL学習とTOEFL留学との違いはなんでしょうか?

それは学ぶための環境が違うということです。日本で学ぶとなると自己学習もしくはスクールに通ったりオンライン英会話でもTOEFLコースを受講することも可能ですが、濃密度という点では圧倒的に薄くなってしまいます。

特にオンラインスクールでは、すべてのスクールで扱っているわけでもないので対応しているところを探すという手間もあります。

自己学習では、自分の弱点や、勉強方法もわからないままにがむしゃらに問題をこなしていくだけでは効果が見えないという弱点があります。またスピーキングのテストもあるので、これを学ぶのは自己学習ではほぼ難しいと言っていいでしょう。もしTOEFLのスコアに伸び悩んでいる、と思っている方はこれらが原因の一つと言えるでしょう。

その点、TOEFL留学なら、徹底的に期間を割いて、まさにTOEFL漬けで学んでいくことになります。しかもフィリピン留学ならほとんどがマンツーマンレッスンです。

勉強をしないではいられない環境にしてしまうことで集中的に学ぶことが可能になります。その結果、スコアの上昇、英語力の上達へと繋がるのです。

こう考えると、海外で、密に学ぶ何ヶ月かの時間は結果的に無駄にすることがなくなるはずです。フィリピン留学はリーズナブルですが、安いと言ってもそこそこの時間とお金をかけて学ぶものです。

日本でも学校へ通ったり、テキストを買い集めてもすぐに何万円となってしまうはずです。これはある意味、中途半端にお金をかけていることになるので挫折もしやすくなってしまいます。その点、ある程度のお金をかけて学ぶ体制を整えれば、自分へのいいプレッシャーも持つことができ効率よく学べるはずです。

また将来海外生活をすることが前提になるわけですから、この留学を基盤として異文化にも柔軟に対応することが可能になってきます。

その意味でもとても有効な方法がTOEFL留学なのです。

 

TOEFL留学はどこの国がおススメ?

TOEFL留学ができる留学先はたくさんあります。

その中で選ぶポイントとしては、

  • 学べる環境が整っていること
  • コストパフォーマンスがいいこと

TOEFL留学において環境は最も重要なポイントです。また、短期では目標達成には難しいのでしっかり腰を据えて学習するために、ある程リーズナブルな価格で参加できることも選ぶことのポイントにしたいですね。

フィリピン

実はフィリピンがTOEFL対策留学として一番人気です。TOEFLに特化したレッスンはプライベートで受けることができること、そしてコストパフォーマンスが断然いいというところが人気のポイントです。

マンツーマンレッスンは、徹底的に自分の弱点を強化、そして得意な分野もさらに伸ばせるという意味でもオススメしたい留学先です。

 

アメリカ

留学先としても人気のある国がアメリカですね。アメリカの大学への入学を希望している方も多いので、こちらでもたくさんの都市でTOEFLコースを提供しています。魅力的な街で学ぶことができるという点では、勉強に気合も入りそうですが、こちらではほとんどのクラスはグループレッスンになります。

ある程度のレベルは一緒でも全てにおいて一緒というわけではありません。

 

カナダ

カナダも語学留学やワーキングホリデーでも人気の国です。様々な人種が住み世界中から留学生が集まる場所として留学の環境も整っていることから多くの留学生が訪れています。

TOEFL留学についても、大学入学者が多いカナダにもたくさんの語学学校がコースとして提供していますが、こちらもグループレッスンがメインです。

オーストラリア

大自然と都会の街が共存している箇所も多く、観光地としてもそして留学先としても人気の国がオーストラリアです。こちらでは、特にワーキングホリデーの利用者が多く、毎年多くの日本人も訪れています。

治安も良くゆったりとした雰囲気の中で学ぶことができるので、人気があるのも納得ですね。こちらでも国際色豊かな環境の中で、TOEFLに特化したレッスンを受けることができます。主にグループレッスンです。

 

イギリス

伝統を重んじながらも最先端の文化やアートも同時に見ることができるイギリスは、人気の留学国の一つです。ブリティッシュイングリッシュを学びたいという方にとって外せない国ですね。

それぞれの土地によって違った趣を感じられるのも魅力のポイントで、観光地としても留学先としても日本人にも人気の国です。

たくさんの語学学校がありその中でTOEFLコースも提供されています。グループレッスンが主なので会話のコースと並行して受講したりすることが他の国同様可能です。

 

アイルランド

豊かな自然とアットホームな雰囲気と独特の文化を感じられるアイルランドは、人気上昇中の留学地。日本人の数も比較的少ないので、集中して学びたい方にオススメです。

気候も温暖で住みやすいと評判の国でもあります。そのためヨーロッパ各地からの留学生の数も多く注目度も高いです。

語学学校ではTOEFLコースの提供がありグループでの受講が一般的です。

 

ニュージーランド

自然がたくさんのゆったりとした雰囲気がある都市が多いニュージーランドは日本人にも人気の留学地です。ワーキングホリデーを始め語学留学として多くの留学生が訪れています。

治安も良く住みやすいことも特徴で、学習者にはぴったりの環境で学ぶことができます。TOEFLコースも語学学校で学ぶことができ、グループレッスンがメインです。

 

マルタ

ヨーロッパのリゾート地として多くの観光客も訪れるマルタは、美しい景色とのんびり、ゆったりとした雰囲気の中で留学生活を体験できる大人の留学地として注目を浴びている国です。第二の留学地として選ぶ方も多く、ゆったりとした環境の中でさらに英語に磨きをかけたいという留学生に人気です。

TOEFLコースも語学学校で提供されていて受講が可能です。こちらでもグループのレッスンが可能です。

 

と、北米だけでなく様々な国で学ぶことができるTOEFL留学です。

でもほとんどの国、フィリピン以外ではグループでのレッスンがメインになってます。先ほど触れた、学べる環境が整っていること、コストパフォーマンスがいいことにフォーカスすると、

その要素をクリアしている国としてオススメしたいのがフィリピンです。

フィリピンTOEFL留学なら、マンツーマンレッスンでありながらリーズナブルな価格で留学でき、日本からも近いので、集中して学ぶこと、つまりTOEFLスコアのアップにつなげることができます。

欧米ではないスタイルのレッスンを低価格で受けることができるというのは魅力的ですね。

そこで、フィリピンへのTOEFL留学のプランが充実しているエージェントを選びたいところですが、安心してお任せできるところとして「School With」があります。

初めての留学、親子留学もここなら安心サポートでお任せすることができます。

 

TOEFL留学におススメの学校5選

フィリピンへのTOEFL留学ではどんな学校で学べるのかが一番きになるところですよね。

そこでSchool Withが提携しているフィリピンで人気の学校を5つご紹介いたします。

PINES メイン校

パインス メインキャンパス校は、2018年にクイサン校から移転した新キャンパスです。講師の高いスキルを求められるTOEFLコースにおいても、トレーニングを重ねたハイクオリティのクラスを提供する学校としての評判も高いのがポイントです。コースは他に、初級から中級レベルの学生対象の一般ESLコース、Pre-TEST対策コースです。英語を話す機会にも溢れた国際色豊かな学校です。

口コミ

私が受講したTOEFLコースではリスニング、リーデング、スピーキング、ライティングの授業内容がしっかりしていて、確実に点数アップできると思います。授業教材は韓国のTOEFLの参考書を使うこともありました。
他の学校にはないこともあると聞きましたが、発音の授業はとても勉強になりました。自分の日本人の発音を自覚することだ出来ました。また発音記号なども読めるようになるので、帰国後にも自分で発音を改善することも出来ました。

 

HELP ロンロン校

老舗英語学校で、留学に英会話上達の結果を求める本気の学生が集まるスパルタ校として人気です。しっかりと学びたい方にぴったりのスクールです。山の中に立地しているため、新鮮な空気、美しい自然に囲まれながら学習できます。色々な誘惑から離れて、自分の目標達成に向けての勉強することだけに集中できます。

口コミ

カナダの語学学校へ留学する準備として、HELPロンロン校で3ヶ月間過ごしました。結果としてはこの学校を選んで良かったと感じています。
「勉強をせざるを得ないくらいその他の生活全般を規則で厳しく縛る」という校風です。なので「厳しい環境じゃないと怠けてしまう」「英語を学びたいけど何をすべきか良いか分からない」といった方向けなのかなと思います。

 

A&J

A&Jは学生が主体的に学べる環境を用意し、学習の効率と効果を高めている学校です。入学初日のカウンセリングで学習者の目的を明確にし、学習に集中できる環境を提供している人気校。アットホームな環境でありながらも、しっかり学べる学校です。

口コミ

勉強する環境は整っていると思います。立地環境は良く、住みやすかったです。
1日6時間のマンツーマン授業に加え2時間のグループクラスはとても効果的だと思います。
小規模の学校なので、みんなと仲良くなりやすい。

 

3D ACADEMY

2002年創立以来、多くの学生を輩出してきた歴史と教育システムを誇るESLスクールです。 フィリピン留学最大の魅力であるマンツーマン授業を最大限に活かす為、新しいティーチングメソッドを各講師が習得し、実践で使える英会話を早いスピードで習得することができると評判のスクール。

口コミ

マンツーマンクラスを1日6コマ、3ヶ月間の留学生活をしました。初めのうちは先生たちが話している内容もよく分かりませんでした。先生たちは分かりやすい簡単な単語で言い換えてくれるのですが、その単語の意味さえも分からず、情けなくなって泣きそうになることもしばしば、、、。笑

それでも3ヶ月間、毎日先生たちと会話していると少しずつコミュニケーションがとれるようになっていき、『あ、これ昨日教えてもらった文法だ』とか『この言い回し、いろんな先生が使っているから、私も使ってみよう』とか思える余裕も出てきました。
1番嬉しく感じた瞬間は、英語で会話をしている中でお互いが内容を理解し笑い合っていた時です。言葉はなくてもコミュニケーションはとれますが、言葉を伴うコミュニケーションはもっと楽しくて幸せに感じました。
私にとって3ヶ月間はあっという間でした。たくさんの先生や友達に出会えた事、セブ島の文化に触れられた事に感謝します。

 

ZA English UV校(旧UV ESL)

ZA English Academyは、便利な環境の中で学べる学校として評判も高い学校です。こちらでは欧米ネィティブ講師によるビジネスやプレゼンの授業、各試験対策コースも好評の人気スクールです。大学付設校ということから、大学内の図書館や、学食(学食は有料)も利用できます。

口コミ

授業はマンツーマンを中心として、社会人に必要な英語のスキルを身につけるためのカリキュラムが網羅されているため、総合的な英語力の養成に役立ちます。また授業中は英語のみを使用するため、自分の意志や考えを相手に伝える能力が向上すると思います。教室は授業の規模によって様々に分かれています。休憩等も適宜とれますので、集中して勉強に取り組めます。宿舎で食事をとったり、自習したりと専用の部屋が用意されているので便利です。

 

TOEFL留学でかかる費用

School With で紹介しているフィリピンの学校は、今ご紹介したトップ5の中で一番高いのが

ZA English UV校で一番低価格なのが3D ACADEMYでした。価格を比較してみると

ZA English UV校 1ヶ月15.5万円〜

3D ACADEMY 1ヶ月9.9万円〜

となっています。欧米諸国への留学で、この価格帯は、1週間の滞在でもあり得ません。その意味でも圧倒的なコストパフォーマンスと言えるでしょう。個人の学習の進み具合にもよりますが、1ヶ月から3ヶ月は滞在したいTOEFL留学もこれなら叶いそうですね。

TOEIC留学をするならSchool withがおススメ

School Withは、国内最大級の留学・語学学校の総合サイトです。

最新の留学口コミ・評判、学校情報が揃っているのでいつでもフレッシュな情報と留学希望者のニーズに応えるシステムを作っています。

一人ひとりにあった留学選びをサポートする留学エージェントです。

初めての留学で不安に思っている方でもSchool Withの手厚いサポートなら必ず満足のいく失敗しない留学が叶います。

School withで出来ること

School Withでは、様々ある留学の種類の中で自分に最適な留学のスタイルを選ぶことが可能。語学留学、ワーキングホリデー、大学留学、専門スキルアップ留学、そして親子留学と幅広いニーズに対応できます。

代理店手数料が0円

School With では、代理店手数料が0円で留学をサポートしてくれるというのが嬉しい特徴。School Withでは学校から紹介手数料および広告費として手数料を得ているので、留学申込者が代理店手数料を払うことはありません。

最低価格保証

SchoolWithで申込可能な語学学校が提供するすべてのコースの最低価格を保証
より安い金額で申込可能なウェブサイトを最低価格保証フォームにて報告し、 確認が取れた場合、申込時金額と安い申込金額との差額を割引き、または返金ををしてくれます。

セブ島での現地サポート

留学中の現地での生活や学習に関するご相談、各種イベントの開催など充実したサポートを受けることができます。

更に独自のお得な特典も多くあり、

  • SNSシェアで500円プレゼント
  • 口コミ投稿で5,000円プレゼント
  • フィリピン留学ではリピーター割引や同時お申込み割引

など盛りだくさんです。

無料カウンセリング(個別面談)の受け方

School Withは相談から申込みまで、全てオンラインでの手続きが可能です。本気で留学を目指している人は、まず最初に個別面談を受けると良いでしょう。

メール相談だとただ時間がかかるだけですし、留学説明会では知りたい情報が得られません。時間がもったいないです。

相談はすべて無料ですし、ここでは個別面談を受ける方法について記載します。

 

まず、School withの公式サイトにアクセスしてください。

 

>>School withの公式サイトはこちら

 

個別面談には予約が必要です。

ここで予約の仕方についてご説明しておきます。

まず、School Withのサイトへいきます。

そして右上の「セミナー・説明会」をクリック。そうすると、説明会の日程についての情報があるので下にスクロールしていくと、国やテーマで絞り込むと出てきます。ここでフィリピンをクリックします。

そうするとフィリピン留学についてのセミナーの日程がラインナップされているのでずっと下に下がっていくと、留学個別面談が出てくるので、そこをクリックします。

個別面談を予約するをクリックすると、このようなフォームが出てくるので、必要事項を埋めていきます。またはじめに、会員かどうか問われるので、会員になっていない場合は会員登録を行ってから進めることになります。

留学の目的、種類、相談内容など必須事項を書いていきます。

最後に会員情報です。ここまでできたらあとは送信するだけです。

 

まとめ

TOEFL留学の成功のポイントは、しっかりとした環境で学べることと、コストパフォーマンスです。そして次へのステップへ向けてできるだけ短期間で目標スコアを習得できる状況に持って行くことが重要です。

集中的に学ぶことで得られる結果は、想像以上のものになるでしょう。自分の目標を達成できた時の達成感は何にも変えがたいものがあるはずです。

効率よく学び大学入学、就職に活用したいですね。

School Withの行き届いた、評判のいいTOEFL留学があなたのスキルアップをサポートしてくれます。

 

>>School withの公式サイトはこちら