英語を学ぶため、海外生活をしてみたい、将来の仕事に英語を役立てたいなど様々な理由で海外留学を考える方が多くなっています。短期の語学留学からワーキングホリデイや大学への進学など選択の幅も広くなり英語学習者としては嬉しい限りですね。

そこで資格試験を習得するために留学するというのも新たな選択方法として注目を浴びています。TOEICやTOEFL、IELTなど、大学への入学や将来の仕事につなげるために学習するコースやさらに高みを目指し大学院への入学のためのGRE、そしてビジネススクールへの入学を目指して学習するGMATなどよりアカデミックなスキルが必要なものまで様々あります。

こういった英語の高い能力を必要とする資格は、留学をして対策コースで習得するというのが一般的でもあり、いちばんの近道と言われています。

そこで今回は、GMAT対策留学についてご紹介いたします。

ぜひ参考にしてみてください。

>>GMAT対策留学のことなら何でも分かるSchool withの公式サイトはこちら  

GMAT対策留学とは?

GMAT対策留学は、GMATの対策を目的とした留学スタイルです。GMATはビジネススクール(経営大学院)の入学希望者に行われる適性テストです。MBA(経営修士号)取得を目指している方には、GMAT試験対策コースがある語学学校への留学をおすすめします。

GMATとは?

GMATとは、MBA (Master of Business Administration)、いわゆる経営修士号を取得することを目的としたビジネスコースに入学する条件として必要になります。世界の1,900大学、5,000以上の修士マネージメントプログラムがGMAT(Graduate Management Admission Test)のスコア提示を求めています。

GMAT は、ライティング(AWA)、総合分析能力テスト(Integrated Reasoning)、数学能力テスト(Quantitative/Math)、言語能力テスト(Verbal)の4つのセクションで構成されていて、読解、作文、文法、語彙・熟語、その他専門知識などさまざまな角度から実力を判定されるテストです。

合否判定ではなく、800点満点のスコアによる学力判定方式になります。試験方法はパソコンでのオンライン受験です。

GMAT対策留学の特徴

GMAT対策コースは、アメリカのMBAに進学したい人が受けるコースです。GMATテストは世界のトップビジネススクールによる非営利団体GMAC (Graduate Management Admission Council) により実施されていて、GMATの実施団体です。

 

GMAT試験対策に特化したカリキュラム

近年はMBA入学にもGREが適用される大学院もありますが、適用されない大学院もあるため、MBA受験を決めているという方はGMATを受けるのがよいでしょう。

ネイティブスピーカーも受ける試験なので、簡単なものではないです。でも周りの学生もGMATスコアアップ目的としているため、一緒に切磋琢磨できる仲間も作りやすいでしょう。

次のステップに進むためにGMATのスコアが必要な方はGMAT対策コースで徹底的に対策しましょう。

留学先でGMAT公式試験の受験も可能

GMATの試験は日本でも定期的に実施されていますが、海外でも実施されています。現地に留学中にそのまま試験を受験することも可能です。留学期間によっては現地で試験を受けるのもおすすめです。

現地で受講することによってその成果をすぐに発揮することができるのがポイントです。ここで一気にスコアアップも可能になります。年間で受けられる回数も制限されているため、注意しながら受験する必要があります。

GRE対策留学するときに気を付けたいこと・デメリット

GMATに特化した留学スタイルは、その目的達成のために素晴らしい経験になることは間違いと言っていいものですが、決める前に気をつけたいこともあります。

費用が高い

海外留学になるわけですから、やはり金額面が一番のネックになってきます。アメリカのMBAに進学したい人が受けるコースで、コースを提供している学校もアメリカと限られています。

主に大都市に学校はありますが、学費はもとより生活費も考えるとかなりの高額になってしまいます。

 

海外生活と勉強をともにすることで感じるストレス

GMAT対策留学は、GMATの必要スコアを取得するというのが目的のコース。そのためだけの勉強ということでストレスを感じてしまうことは多々あります。

また、海外生活をしながら学ぶということでより精神的に負担がかかると感じてしまうこともありえます。しっかり学べる体制と、環境が整ったところで集中できる学校を探すことがポイントです。

 

短期滞在でのスコアアップは難しい

ホームステイなどの短期のプログラムは、1週間からあり、気軽に参加できる人気の留学スタイルですが、GMATに特化したクラスでは短期の滞在ではその成果を出すことは難しいことです。

GMATはネイティブの学生にも課させるため、内容もかなり難しいです。でもこの難しいGMATの対策をすることで、専門的な会話にもついていくことができます。

そのことを踏まえるとその時点での英語力にもよりますが最低でも1ヶ月から3ヶ月の期間が必要です。そのため長期で参加できるかどうかということが問題になってきます。

 

GMAT対策留学のメリット

そしてもちろんGMAT対策留学にはメリットもあります。具体的に見てみるとよりGMAT対策留学について知りたくなるはずです。

より高いレベルでのスコア取得が可能に

やはりこれに尽きると思います。実際に留学先で対策をすることで、かなり集中的に学ぶことが可能になり、それが目標スコア達成への近道になるからです。専門的な英語力が必要になるのでプロの講師陣から指導される内容は間違いなく身につくものになるはずです

経営修士号を取得することを目的としたビジネスコースに入学するためのGMATは、ネイティブの学生も受けるコース。難易度も高く準備期間にも時間がかかります。できるだけ短期間で必要スコアを取得し次へのステップにつなげて行くには、専門コースで学ぶのが確実な方法です。先ほど紹介したように現地でも留学中に現地でも受けることが可能なので、成果を見ながら学習して行くことができます。

 

違った環境で学ぶことができる

日本と違った環境の中で学ぶことができるGMAT対策留学は、スコアアップはもちろんのこと、グローバルな視野で考えることができる、そして英語に対してより柔軟に考えることができるようになります。

また、周りの学生もGMAT学習者ということで、一緒に頑張れる仲間も作りやすいでしょう。モチベーションにもつながります。

 

目標を達成すれば未来も開ける

目標を達成することで、未来も開くます。TOEFLやIELTSは留学生のためのテストになりますが、GMATは英語で数学や言語の能力を見るテストのため、ネイティブの学生も受ける大変難易度も高いテストです。

高スコアを取得することによりネイティブにも劣らない英語力を手にすることができるでしょう。

しっかりとしたサポート体制がとと乗っている学校を選べば早く目標レベルへ到達できます。

 

通常のGMAT学習とGMAT対策留学との違い

GMATの勉強なら頑張れば日本でもできるのでは?と思っている方も多いでしょう。確かにGMATは日本でも受験が可能ですし勉強することも一緒という点では、通常のGMAT学習と GMAT対策留学は同じです。

では、通常の通常のGMAT学習と GMAT対策留学との違いはなんでしょうか?

それは学ぶための環境が違うということです。日本で学ぶとなると自己学習もしくはスクールに通ったりすることも可能ですが、濃密度という点では圧倒的に薄くなってしまいます。

GMATはネイティブスピーカーを対象に製作されたテストです。そのため英語を母国語としないノンネイティブスピーカーにはかなりの努力が必要とされます。論理性、判断力、読解力、語彙力、速読力など様々なスキルが必要になりますし、これを自宅で勉強するのはかなりの至難の技と言えます。

また、日本では試験に関する情報を得ることがどうしても限定されてしまいます。

自分にあった勉強法や問題をこなすポイントなど、自分だけでは解決できない要素がたくさんあり、最終的に時間もかかってしまいます。

その意味でもとても有効な方法がGMAT対策留学なのです。

 

GMAT対策留学はアメリカ

GMAT対策留学は、アメリカのMBAに進学したい人が受けるコースです。提供している学校はほぼアメリカになります。

その中で選ぶポイントとしては、

  • 学べる環境が整っていること
  • コストパフォーマンスがいいこと

GMAT対策留学において環境は最も重要なポイントです。また、短期では目標達成には難しいのでしっかり腰を据えて学習するために、ある程リーズナブルな価格で参加できることも選ぶことのポイントにしたいですね。

そこでGMAT対策留学のプランが充実しているエージェントを選びたいところですが、安心してお任せできるところとして「School With」があります。

しっかり無駄なく学べることを重視する留学もここなら安心サポートでお任せすることができます。

 

GMAT対策留学におススメの学校5選

GMAT対策留学ではどんな学校で学べるのかが一番きになるところですよね。

そこでSchool Withが提携している人気の学校を5つご紹介いたします。

 

カプラン ロサンゼルス ウエストウッド

英語圏の主要6カ国に43校以上の語学学校を開校しているカプラン。こちらは学生数500人の大規模な学校で、コンピューターラボ、学生ラウンジなど、充実した設備を備えています。コンピュータールームにはTOEFLやGRE、GMATなどの試験対策に使える教材をそろえています。立地条件も大変よく徒歩圏内には公共の図書館もあるので、学校外で予習復習や自習するのに最適です。

 

口コミ

先生がとても良いです。私の先生は、それぞれの習得したい、必要な英語(TOEIC、TOEFL、ビジネスイングリッシュ等)を伝えれば、宿題とは別に個人別で課題を用意して下さいました。 あと時期にもよると思いますが、他の語学学校に比べると多国籍だと思います。日本人は1クラスに2~3人ほどです。 後はなにか困ったことがあったら親身に相談に乗ってくれたり、教えてくれたりします。 ただレベル別のクラスがたまに合っていない(同じクラスでも簡単すぎるという人と難しすぎるという人)ことが多く、先生によっては中々上のクラスに変えてくれないことも、、、 授業後のアクティビティは毎日あり、充実しています。

 

MLI ハリウッド

ロサンゼルスの中でも安全で人気のエリアにあるのがMLIハリウッッド校は交通の便も良く行動しやすい位置にあります。TOEFL、TOEIC、IELTS、GMAT、GREといったテスト対策講座は特に定評があるスクールです。ビジネス英語、会話クラス様々なニーズに応えられるプログラムも提供しています。

口コミ

先生も学校のスタッフも優しくて丁寧です。基本から分かりやすく教えてくれるし質問しやすい環境です。施設も綺麗で周辺の環境も充実しています。交通の便も良く放課後どこかへ出掛けるのも楽しいです。
日本人の比率が多いので友達はたくさん増えますが、その代わり語学力の伸びしろを期待するなら自分からきちんと英語を使わなきゃいけません。

 

MLI ウェストウッド

ロサンゼルスの中でも安全で人気のエリアにある。MLIウェストウッド校。一般英語コース(ESL)は1〜8レベルまで分かれていて自分のレベルにぴったりなクラスで学ぶことが可能です。その他で特に現地で人気が高いコースはTOEFL、 TOEIC、IELTS、GMAT、GREといったテスト対策講座です。様々なプログラムがあり評価が高い学校というのも納得のスクールです。

口コミ

多国籍な環境なので生徒によって文化や習慣、学習に対する姿勢などが様々です。
いろいろな国の友達ができ、会話したり遊びに行くことでスピーキングの機会も増え充実していました。教師の質は、生徒のレベルに応じて話すスピードであったり、教えてくださる単語やフレーズが柔軟で新しいクラスになっても参加しやすいと感じました。会話中に発音や文法を正してくださるので間違いを恐れずに発言できる雰囲気を作ってくれます。

 

カプラン マイアミ

美しい東海岸の景色を堪能できるカプランマイアミ校。こちらでは、GMAT、GRE、TOEFLなどの試験対策コース、自由に期間が選べるフレックス英語コースから選択できます。施設も大変充実していて校内にはマルチメディア機器と電子黒板が利用可能な教室があり、語学学習ソフトが入ったパソコンをも利用可能です。

口コミ

私は留学中、絶対に日本語を使わないようにしました。授業が終わった後もなるべくネイティブの先生と話すようにしたし、休みの日は街に出かけて現地のアメリカ人と話していました。そのかいあって今では楽しく会話もできるし、ドラマだって見れるようになりました。積極的な会話が大切ですね。

 

カプラン ボストンフェンウェイ

カプランでは独自開発の教材K+notesを利用する、生徒参加型の授業を行っています。この独自の学習メソッドで効果的に英語を学ぶだけではなく、多国籍の留学生と交流し国際感覚も身につけることができるスクールとして評判です。授業中に生徒みんなが英語で交流し、英語を話す環境を作り上げていくスタイルで学習していきます。

 

口コミ

レベルが5段階に分かれていました。
1つのレベルに10週いるシステムで、その後に受けられる小さいTOEFLのようなレベルアップのテストを合格すると、次のレベルに行ける、というシステムでした。リーディングもスピーキングもライティングも、一つのクラスでやります。10週満たなくても担当の先生の判断でレベルアップテストを早めに受けられる人もいます。

 

 

GMAT対策留学でかかる費用

School With で紹介している人気の学校は、今ご紹介したトップ5の中で一番高いのが

カプラン ボストンフェンウェイで、一番低価格なのがMLIハリウッドMLIウエストウッドでした。価格を比較してみると

カプラン ロサンゼルス ウエストウッド1ヶ月32万円〜

MLIハリウッドMLIウエストウッド 1ヶ月19.9万円〜

となっています。同じアメリカ内でも大きな差がありますね。

カプランは英語圏の主要6カ国に43校以上の語学学校を開校している大手なのでそのブランド力ということで高額になっているということもあるでしょう。

自分がどんな環境で学びたいのかというのが選ぶときのポイントにもなりますね。

将来学びたいと思っているスクールに近い都市を選べば将来の生活について環境も見ることができるので選び方の一つのポイントとなります。

School Withにはたくさんの学校が紹介されているので、ニーズにあった学校が選びやすいです。

 

GRE対策留学をするならSchool withがおススメ

School Withは、国内最大級の留学・語学学校の総合サイトです。

最新の留学口コミ・評判、学校情報が揃っているのでいつでもフレッシュな情報と留学希望者のニーズに応えるシステムを作っています。

一人ひとりにあった留学選びをサポートする留学エージェントです。

初めての留学で不安に思っている方でもSchool Withの手厚いサポートなら必ず満足のいく失敗しない留学が叶います。

School withで出来ること

School Withでは、様々ある留学の種類の中で自分に最適な留学のスタイルを選ぶことが可能。語学留学、ワーキングホリデー、大学留学、専門スキルアップ留学、そして親子留学と幅広いニーズに対応できます。

代理店手数料が0円

School With では、代理店手数料が0円で留学をサポートしてくれるというのが嬉しい特徴。School Withでは学校から紹介手数料および広告費として手数料を得ているので、留学申込者が代理店手数料を払うことはありません。

最低価格保証

SchoolWithで申込可能な語学学校が提供するすべてのコースの最低価格を保証
より安い金額で申込可能なウェブサイトを最低価格保証フォームにて報告し、 確認が取れた場合、申込時金額と安い申込金額との差額を割引き、または返金ををしてくれます。

セブ島での現地サポート

留学中の現地での生活や学習に関するご相談、各種イベントの開催など充実したサポートを受けることができます。

更に独自のお得な特典も多くあり、

  • SNSシェアで500円プレゼント
  • 口コミ投稿で5,000円プレゼント
  • フィリピン留学ではリピーター割引や同時お申込み割引

など盛りだくさんです。

無料カウンセリング(個別面談)の受け方

School Withは相談から申込みまで、全てオンラインでの手続きが可能です。本気で留学を目指している人は、まず最初に個別面談を受けると良いでしょう。

メール相談だとただ時間がかかるだけですし、留学説明会では知りたい情報が得られません。時間がもったいないです。特に特殊なGMAT対策留学についてはしっかりとした情報をダイレクトに聞きたいですよね。

相談はすべて無料です。ここでは個別面談を受ける方法について記載します。

 

まず、School withの公式サイトにアクセスしてください。

 

>>School withの公式サイトはこちら

個別面談には予約が必要です。

ここで予約の仕方についてご説明しておきます。

まず、School Withのサイトへいきます。

そして右上の「セミナー・説明会」をクリック。そうすると、説明会の日程についての情報があるので下にスクロールしていくと、国やテーマで絞り込むと出てきます。ここでフィリピンをクリックします。

そうするとフィリピン留学についてのセミナーの日程がラインナップされているのでずっと下に下がっていくと、留学個別面談が出てくるので、そこをクリックします。

個別面談を予約するをクリックすると、このようなフォームが出てくるので、必要事項を埋めていきます。またはじめに、会員かどうか問われるので、会員になっていない場合は会員登録を行ってから進めることになります。

留学の目的、種類、相談内容など必須事項を書いていきます。

最後に会員情報です。ここまでできたらあとは送信するだけです。

まとめ

GMAT対策留学の成功のポイントは、集中して学べるようにしっかりとした環境と、コストパフォーマンスです。そして次へのステップへ向けてできるだけ短期間で目標を達成きる状況に持って行くことが重要です。

集中的に学ぶことで得られる結果は、想像以上のものになるでしょう。高いレベルの英語のスキルを身につけ、その結果自分の目標を達成できた時の達成感は何にも変えがたいものがあるはずです。

効率よく学び次の段階に進んでいきたいですね。

School Withの行き届いた、評判のいいGRE対策留学があなたのスキルアップをサポートしてくれます。

早速サイトをチェックしてみましょう。

>>School withの公式サイトはこちら