英語がより身近になってきた昨今、スクールに通ったりオンライン英会話で学んだりすること以外に、海外留学も英語を習得するスタイルとして多くの人が経験するようになってきました。

海外留学は、お子さんから学生、そして社会人やシニアに至るまで、今ではより幅広い年代の人たちが経験できるものとして注目を集めている学習スタイルと言えますね。

英語を学ぶことの楽しさはもちろんのこと、グローバルな社会になってきている現在、より必要性というものも感じている方も大勢いると思います。

そのことによって海外留学も注目度が高い勉強スタイルになりますが、留学の内容も幅広くなってきて、短気や長期の語学留学を始め、大学への進学、ワーキングホリデーなど、多くの英語学習者が参加するようになってきています。

さまざまなスタイルがある中で、今社会人をはじめとして人気が集まっているのが医療英語留学です。

これは、医療英語の対策を目的とした留学スタイルで、医療従事者向けに専門的な英語を学べるコースです。

海外で生活をしながら専門的な医療について学ぶ医療留学。そこで今回は、興味はあるけれどどんな国で提供されているのか、そしてどんな学校があるのかなど、情報をチェックしてみたいという方へ医療英語留学についてご紹介いたします。

ぜひ参考にしてみてください。

>>医療英語留学のことなら何でも分かるSchool withの公式サイトはこちら

医療英語留学とは?

医療英語留学とは、医療英語の対策を目的とした留学スタイルです。医療英語コースは、医師や看護師などの医療従事者向けに専門的な英語を学べるコースで、患者さんからの質問への対応の仕方など、医療のシーン別に使える実践的な医療英語を学ぶことが出来るコースです。

医療英語とは?

医療英語とは、実際の医療の現場で必要とされる、専門的な医療単語や医療のシーンで使われる英語です。専門的な医療単語だけではなく技術用語や倫理的な事柄、医療関係者や患者とのコミュニケーションの取り方などの様々なトピックを学びます。

最新の医療業界の動向や医学用語、そして医療現場で必要とされる会話のやりとりなどを総合的に学ぶ事ができスキルアップにつなげることができます。

医療英語留学の特徴

医療英語留学は、医療英語に特化した特別なコースです。たくさんの留学エージェントでも注目度が高いだけに取り入れているところがありますが、ここでその特徴をご紹介します。

医療に特化したカリキュラムで英語力アップ

医療英語コースは、医師、歯科医師、看護師をはじめとする医療従事者向けて、専門分野に合わせてカリキュラムが組まれている医療に特化したカリキュラムで学べるコースです。

海外での生活をしながら学ぶ医療英語コースには、様々な国から集まった同じ目的を持った留学生が集まるので、一緒に学べる仲間も作りやすいでしょう。コースを受講することによてキャリアアップが可能になりより将来の仕事の幅も広がります。

実践を想定したカリキュラム

医療英語コースでは、医療の様々なシーンで必要とされる英語を想定し作られた特別なカリキュラムで学んでいくことになります。そのことによってより実践的な英語を学ぶことが可能です。医療単語や現場での表現方法や、患者やその家族、そして医療従事者とどう英語でコミュニケーション取るかをロールプレイを通じながら学んだりしていくので、自然に現場で使える英語を習得していくことになります。

日本の医療現場でも外国人の患者が増えているので、英語によるコミュニケーションの能力の需要は高くなっています。医療英語のスキルを磨けば、そのシーンにも対応が可能になりますし、キャリアアップの選択枠が広がります。

 

医療英語留学するときに気を付けたいこと・デメリット

医療英語に特化した留学スタイルは、その目的達成のために素晴らしい経験になることは間違いと言っていいものですが、決める前に気をつけたいこともあります。

 

費用が高い

海外留学になるわけですから、やはり金額面が一番のネックになってきます。医療英語留学は、フィリピンやカナダが特に有名でたくさんの学校で医療英語対策クラスがあります。

学費、滞在費の他にかかる生活費などを考えると決して安いものではありませんが、お金をかけて懸命に学んだものは必ず将来帰ってきます。そう考えると未来へのステップアップの投資と言えますね。

 

海外生活と勉強をともにすることで感じるストレス

医療英語留学は、医療英語を取得するというのが目的のコース。そのためだけの勉強ということでストレスを感じてしまうことは多々あります。

また、海外生活をしながら学ぶということでより精神的に負担がかかると感じてしまうこともありえます。しっかり学べる体制と、環境が整ったところで集中できる学校を探すことがポイントです。

 

滞在期間の問題

留学期間は、集中的に学び効果を実感するまで最低でも1ヶ月は欲しいところです。そうすると忙しい社会人などにとって留学するための滞在期間を確保できないという難点もあります。

でも、最短で1週間からのステイが可能なので、会社員の方は有給を使って参加することも可能になるでしょう。

 

医療英語対策留学のメリット

そしてもちろん医療英語対策留学にはメリットもあります。具体的に見てみるとより医療英語対策留学について知りたくなるはずです。

医療現場で使える英語を効果的に学ぶことが可能

自分で学習していてもなんだか効果を感じられない、こんな時はどう言ったらいいのかわからないなど、疑問に思っていることを解決してくれるばかりでなく、実際の医療のシーンでの会話や用語を学ぶことができます。

実際のシーンを想定しながらプロの講師により学ぶことでより効率的に医療英語を習得し、役立てることが可能になります。

 

違った環境で学ぶことができる

日本と違った環境の中で学ぶことができる医療英語対策留学は、医療英語の理解はもちろんのこと、グローバルな視野で考えることができる、そして英語に対してより柔軟に考えることができるようになります。

また、周りの学生も医療英語学習者ということで、一緒に切磋琢磨できる仲間も作りやすいでしょう。モチベーションにもつながります。

 

目標を達成すれば未来も開ける

目標を達成することで、将来の展望も開けます。仕事でのスキルアップはもちろんのこと、様々な国の生徒と勉強をともにするのでコミュニケーション力もついてきます。

しっかりとしたサポート体制がととのっている国、学校を選べば早く目標レベルへ到達できます。

 

通常の医療英語学習と医療英語対策留学との違い

医療英語の勉強なら日本でもできるのでは?と思っている方も多いでしょう。確かに日本でも学ぶ方法はたくさんあり力をつけることは可能です。

では、通常の医療英語学習と医療英語留学との違いはなんでしょうか?

それは学ぶための環境が違うということです。日本で学ぶとなると自己学習もしくはスクールに通ったりオンライン英会話でも医療英語を受講することも可能ですが、濃密度という点では圧倒的に薄くなってしまいます。

特にオンラインスクールでは、扱っているスクールがすくなく、対応しているところを探すという手間もあります。

また、自己学習では、テキストをこなしていくだけでは効果が見えないという弱点があります。

ぴったりのレベルでの学習や効率的に学ぶという点で、自分だけでは解決できない要素がたくさんあり、最終的に時間もかかってしまいます。

その点、医療英語対策留学なら、徹底的に期間を割いて、まさに英語漬けで学んでいくことになります。

勉強をしないではいられない環境にしてしまうことで集中的に学ぶことが可能になります。その結果、医療英語の力の上達へと繋がるのです。

こう考えると、海外で密に学ぶ何ヶ月かの時間は結果的に無駄にすることがなくなるはずです。例えばフィリピン留学はリーズナブルですが、安いと言ってもそこそこの時間とお金をかけて学ぶものです。

日本でも学校へ通ったり、テキストを買い集めてもすぐに何万円となってしまうはずです。これはある意味、中途半端にお金をかけていることになるので、挫折もしやすくなってしまいます。その点、ある程度のお金をかけて学ぶ体制を整えれば、自分へのいいプレッシャーも持つことができ効率よく学べるはずです。

また海外生活を通して学ぶことによって異文化にも柔軟に対応することが可能になってきます。

その意味でもとても有効な方法が医療英語対策留学なのです。

ビジネス英語対策留学はどこの国がおススメ?

医療英語対策留学ができる留学先はたくさんあります。

その中で選ぶポイントとしては、

  • 学べる環境が整っていること
  • コストパフォーマンスがいいこと

医療英語対策留学において環境は最も重要なポイントです。また、短期では目標達成には難しいのでしっかり腰を据えて学習するために、ある程リーズナブルな価格で参加できることも選ぶことのポイントにしたいですね。

フィリピン

実はフィリピンが医療英語対策留学として一番人気です。ビジネス英語に特化したレッスンはプライベートで受けることができること、そしてコストパフォーマンスが断然いいというところが人気のポイントです。

医療英語を学べる学校の多数あり、スキルアップのためにたくさんの医療従事者が学んでいます。

 

カナダ

カナダも語学留学やワーキングホリデーでも人気の国です。様々な人種が住み世界中から留学生が集まる場所として留学の環境も整っていることから多くの留学生が訪れています。

医療英語対策留学についても、留学者が多いカナダにも医療英語コースを提供している学校があります。

 

ご紹介したこちらの2つの国が医療英語留学の対策が充実していると言われています。

留学を成功させるためには学校選びが重要なポイントになってきますね。数ある留学エージェントの中で、安心してお任せできるところとして「School With」があります。

初めての医療英語留学もここなら安心サポートで確かな学校探しをすることができます。

医療英語留学におススメの学校5選

医療英語留学ではどんな学校で学べるのかが一番きになるところですよね。

そこでSchool Withが提携しているフィリピンで人気の学校を5つご紹介いたします。

Philinter

学生はアジア各国から集まり、学校で英語を使う機会が多くスピーキング力向上に最適の環境です。カスタマイズされた授業のは定評があるスクールです。入学時に受けるレベルテストを通して13段階に細かくレベル分けをしています。自分の苦手な部分を補強し、得意分野をさらに伸ばすことができるように効率的に学習することが可能です。

口コミ

多くの授業が1対1の個別授業なので、自分のペースに合わせて授業を進めてくれます。アウトプットする機会が多いので、かなり身に付くと感じました。
私はしませんでしたが、授業の変更(先生の変更)をしている人もよく見かけましたので、自分にあった授業を組みやすいと思います。

 

CDU

セブで誰もが知っている大学のCebu Doctors’ University の付設の語学学校。語学学校内の敷地にはフィリピン人医学生が共同生活をしているので、留学生は気軽にフィリピン人医学生と交流ができます。交流する機会がたくさんあり、安心できる学校の周辺環境が人気の学校です。環境も整っているので、医療英語留学にも最適です。

 

口コミ

私にとって初めての留学をCDUに選びました。
初めは不安もありましたが、良きバッチメイトや先生に囲まれ楽しい生活を送ることができました。休日には友達とビーチやショッピング、島に行ったり平日はジムに通ったりとても充実していました。フィリピン料理は美味しくて、特にマンゴー好きにはたまらない国です。フィリピン人の優しさにも多くふれました。人との出会いも多くありとても勉強になりました。また戻ってこれたらいいと思います!

 

ブリリアントセブ

100%日本出資の日本人経営の日本人学生が安心できる管理体制が魅力の学校です。大型ショッピングセンターも徒歩圏内にあり、生活しやすい環境が整っているので不便を感じることはないでしょう。マンツーマンレッスンを1日最低6コマと多く取り入れ、スピーキングを重視したカリキュラムが充実しています。質の高い安心できる環境で学習できます。

口コミ

日本人経営の学校のため、居住環境、学校内においても、日本からの留学生に違和感を感じさせない努力をしています。
更に、教師の質が高く、あらゆるレベルの英語学習に対応出来ています。
環境が整備されているので、勉強に集中できます。
ショッピングモールなどが近くにあり、歩いて数分です。タクシーもビルのガードマンにお願いすると呼んでもらえます。
学校と同じビルの中に住むことになるので、階は違いますが、すぐに行き来できて便利です。

 

HLCA ハルカ

国際的に活躍する人材、医療者の育成を目指し開港したスクールです。初心者からハイレベルな学習者まで受け入れる体制が整っていて安心して学習できます。各専門分野に分かれた医療英語コースを完全オーダーメイドで提供し、国内外で活躍できる多くの選択肢を得られるようサポートしてます。

口コミ

マンツーマンで指導してくれて、発音やわからない事は何度でも繰り返し練習できるので、私には合っていました。先生の教え方も様々ですが、すごくわかりやすく、教え方も上手でどこが弱いのか分かってくれていたので、すぐに解決できました。
サービスもよくて、昼は日本食の弁当が出るので安心です。しかし、フィリピン料理は私にはあまり合いませんでした。

 

ILSC バンクーバー

ILSCは、1991年にカナダのバンクーバーで設立されて以来、多くの学生が学んできた評判のスクールです。StudyTravel Magazineという語学教育業界のランキングで、スターアワードを2年連続で取得していて、質の高い授業を提供していることが認められています。こちらでは医療英語プログラム、ジュニアESLハイスクールブリッジプログラム、大学進学準備プログラムなども提供し幅広いニーズに対する受け入れ態勢が整っています。

口コミ

こちらの学校は日本国内にある留学斡旋をしているエージェンシーから紹介されました。
とにかくたくさんの国からの留学生がひしめき合い、切磋琢磨して英語を学んでいきます。
クラス分けは日常会話をおもに会得したいというようなカジュアルクラスから、仕事に活かせるようにというビジネスクラスなどの種類に分けられていて、自分が学びたいクラスを自分の語学力に合わせたレベル分けをされてから学びます。
アジア圏からの留学生も多く、日本人もたくさんいますがこの学校は基本的に母国語を使うことは禁止されていました。
授業中はもちろんですが、ランチタイムや休み時間でも日本人同士で日本語で喋っていたりすると先生にすぐに注意されます。
否応無く学校ではずっと英語漬けなので、語彙量が段々と上がりやすくしっかり学べました。

医療英語留学でかかる費用

School With がお勧めする今ご紹介したトップ5の中で一番高いのが

HLCAで一番低価格なのがILSC バンクーバーでした。価格を比較してみると

HLCA 1ヶ月23.8万円〜

ILSCバンクーバー 1ヶ月11.6万円〜

となっています。二つを比べると金額にも開きがありますが、HLCAでは医療職者に合わせた細分化した医療英語カリキュラムを提供しているという点が高額でも人気のようです。また、フィリピンの学校では多くのスクールがプライベートレッスンを提供しているので、しっかり集中して学ぶことができるという点で、コストパフォーマンスがいいと言えるでしょう。

 

医療英語留学をするならSchool withがおススメ

School Withは、国内最大級の留学・語学学校の総合サイトです。

最新の留学口コミ・評判、学校情報が揃っているのでいつでもフレッシュな情報と留学希望者のニーズに応えるシステムを作っています。

一人ひとりにあった留学選びをサポートする留学エージェントです。

初めての留学で不安に思っている方でもSchool Withの手厚いサポートなら必ず満足のいく失敗しない留学が叶います。

School withで出来ること

School Withでは、様々ある留学の種類の中で自分に最適な留学のスタイルを選ぶことが可能。語学留学、ワーキングホリデー、大学留学、専門スキルアップ留学、そして親子留学と幅広いニーズに対応できます。

代理店手数料が0円

School With では、代理店手数料が0円で留学をサポートしてくれるというのが嬉しい特徴。School Withでは学校から紹介手数料および広告費として手数料を得ているので、留学申込者が代理店手数料を払うことはありません。

最低価格保証

SchoolWithで申込可能な語学学校が提供するすべてのコースの最低価格を保証
より安い金額で申込可能なウェブサイトを最低価格保証フォームにて報告し、 確認が取れた場合、申込時金額と安い申込金額との差額を割引き、または返金ををしてくれます。

セブ島での現地サポート

留学中の現地での生活や学習に関するご相談、各種イベントの開催など充実したサポートを受けることができます。

更に独自のお得な特典も多くあり、

  • SNSシェアで500円プレゼント
  • 口コミ投稿で5,000円プレゼント
  • フィリピン留学ではリピーター割引や同時お申込み割引

など盛りだくさんです。

無料カウンセリング(個別面談)の受け方

School Withは相談から申込みまで、全てオンラインでの手続きが可能です。本気で留学を目指している人は、まず最初に個別面談を受けると良いでしょう。

メール相談だとただ時間がかかるだけですし、留学説明会では知りたい情報が得られません。時間がもったいないです。

相談はすべて無料ですし、ここでは個別面談を受ける方法について記載します。

 

まず、School withの公式サイトにアクセスしてください。

 

>>School withの公式サイトはこちら

 

個別面談には予約が必要です。

ここで予約の仕方についてご説明しておきます。

まず、School Withのサイトへいきます。

そして右上の「セミナー・説明会」をクリック。そうすると、説明会の日程についての情報があるので下にスクロールしていくと、国やテーマで絞り込むと出てきます。ここでフィリピンをクリックします。

そうするとフィリピン留学についてのセミナーの日程がラインナップされているのでずっと下に下がっていくと、留学個別面談が出てくるので、そこをクリックします。

個別面談を予約するをクリックすると、このようなフォームが出てくるので、必要事項を埋めていきます。またはじめに、会員かどうか問われるので、会員になっていない場合は会員登録を行ってから進めることになります。

留学の目的、種類、相談内容など必須事項を書いていきます。

最後に会員情報です。ここまでできたらあとは送信するだけです。

 

まとめ

医療英語留学の成功のポイントは、しっかりとした環境で学べることと、コストパフォーマンスがポイントです。将来日本でそして海外で活躍する医療従事者目指して学ぶ時間を、いかに充実したものにするかは学校選びにかかっています。

集中的に学ぶことで得られる結果は、想像以上のものになるかもしれません。自分の目標を達成できた時の達成感は何にも変えがたいものがあるはずです。

School Withの行き届いた、評判のいい医療英語対策留学があなたのスキルアップをサポートしてくれます。

早速サイトをチェックしてみてください。

>>School withの公式サイトはこちら