近年特にグローバルな世の中になってきたのを感じる今日この頃、英語の需要もますます高まってきているのを実感することが多いかと思います。

そこで重要になるのが英語ですね。

必要性があるからと言うことではなく、英語が好きだから、英語を通してもっと視野をひろげたいからなど英語を学ぶことの価値感も人それぞれ。

学んでいくうちに、もっと効率的に勉強したい、英語だけでなく海外の文化をよりしりたい、ライフスタイルを体験してみたいと思うようになったら留学がおすすめです。

実際、一度は行ってみようと思ってみたものの、金額が高すぎてあきらめてしまったというかたは、意外と多いというのも留学を諦めてしまう大きな原因になっているようです。

そこで今回は、安いと評判の留学エージェントを比較しながら、これなら行けそうと思えるところをご紹介していきます。

取り上げる国は、落ち着いた雰囲気と歴史を感じる近年人気の国、アイルランドです。

ぜひ参考にしてみて留学の思いを膨らませてみて下さい。

 

留学するのに留学エージェントは必要?

留学をする国が決まったらまず次にすることがどうやって手続きを踏んでいくのか、ということになりますが、よく聞くのが留学エージェントですね。

こちらについて多くの方が持っているイメージは「高い」ではないでしょうか?

どこが安いのか、闇雲に様々な留学エージェントを調べて、料金やそれぞれのエージェントの違いを比較していくことになると思いますが、調べていくうちに留学は高い、と感じ諦めてしまうという方も少なくないようです。

実際留学エージェントを通じて申し込むと手数料がかかり、それが留学エージェントは高いというイメージがついてしまっているかと思います。

でも、実はそんなことはないのです。

留学エージェントは多くの留学先の学校と提携していて、その提携している学校に生徒を紹介しています。

留学先の学校は提携により、エージェントからの一定の生徒数を確保できるので、授業料は通常よりも安く設定されているのです。

また、留学をする際、国や期間によってはビザ取得の手続き、学校探し、ホームステイ先の確保、航空券の手配など、しなければならない手続きがたくさんあります。

これを自分の手で全て行うというのは大変な労力と時間がかかるもの。

その手続きをスムーズに行ってくれるのが留学エージェントなのです。

大変な手続きを信頼できる留学エージェントに依頼すればあとは自分の留学準備に集中きるので精神的にもかなり楽になります。

それでもやはり高いところと安いところ、というように金額に差が出てきます。

なのでポイントはどの留学エージェントを選ぶかということに。

そこで金額的にも安いと言われているエージェントを比較し、どれくらいの差があるのかを確認してみました。

安いと言われているエージェントに、

  • スマ留
  • グローバルダイブ
  • ラストリゾート

があります。

今回はこちらの3つの留学エージェントを比較してみたいと思います。

アイルランド語学留学の費用を比較

 

渡航先:アイルランド

期間:24週間、語学留学

なお、どのエージェントも

  • 入学金
  • 教材費
  • 滞在費
  • サポート
  • 諸経費

は含まれています。

はじめは、ラストリゾートです。

こちらでは1,427,168円でした。

150万円まではいかないとしてもかなりの金額になりますね。

この他に航空券など諸経費を入れたら簡単に150万円は超えてしまいます。

他も見て比べてみましょう。

 

次はグローバルダイブです。

こちらでは1,109,775円。

ラストリゾートと比べるとかなり安くなっていますね。

この辺りが最低になるのかと思いきやもっと安いところがありました。

 

スマ留が一番安いことがわかりました。

しかもその金額は558,000円と、かなりの低価格。

驚くほどの価格差ですね。

これなら留学も実現できそうと思えてきませんか?

次にその他にかかる諸経費についてご紹介いたします。

それ以外にかかる費用

今ご紹介した料金の他にかかるものとしては、

  • 海外留学保険
  • 航空機運賃
  • ビザ
  • 食費、日用品、お小遣い等

海外留学保険は2~3万円ぐらいが相場。

一番金額が高くなるのが航空券になります。

時期によっても変動がありますが、格安航空会社を利用すれば9万円ぐらいでの手配が可能です。

これらに食費やお小遣いを仮に月30,000円として6ヶ月で180,000円。

トータルするとスマ留なら、全体で大体、858,000万円ぐらいで収まる事になります。

6ヶ月の滞在で合計して90万円を切るというのは嬉しい金額。

また、アイルランドでは留学期間が90日を越える場合は、学生ビザが必要になります。

こちらは入国の際に取得が可能という便利なもので、入国審査が終わるとパスポートに学生ビザが捺印されます。

何かとお金のかかる留学は金額をまず重視したいですよね。

でも、安いだけで行き届いたサービスがなかったり、本当に留学生にとって学べる環境が良いされているのかと不安になるかもしれません。

でもスマ留なら安心して任せることができます。

ではどんな点がスマ留のメリット、オススメしたいポイントなのかというところをご紹介いたします。

 

>>スマ留を見に行く

 

なぜそんなにスマ留は安いのか?デメリットはないの?

名だたる格安留学エージェントと比較しても圧倒的な安さを誇る「スマ留」ですが、デメリットは無いのでしょうか?なぜそんなに安いのかも含め解説します。

スマ留の安さの理由

スマ留の安さの秘訣、それは稼働時間の低い時間帯を有効利用しているため、です。

次に「選択と集中」です。スマ留で提供しているサービスは語学留学のみです。

また、サロンの数も全国8か所と大手のエージェントと比較すると少なく、選択できる学校の数も厳選されています。

 

また、スマ留は手数料を一切とっておらず、薄利多売の方式でビジネスを展開しています。 これがスマ留の安さの秘訣です。

「安さ」と「デメリット」は表裏一体だが、、

以上の理由からスマ留は

語学留学しか選択できない

学校数が限定されているスマ留では語学学校だけが選択枠です。でもほとんどの海外留学者は、語学留学希望なので逆に選びやすくなります。

授業の時間帯が選択できない

時間帯が選択できないのはデメリットと言えますが、その限られた時間帯は人が少なく、より密度の高い授業を受けることができます。ただでさえ、色んな国から授業に来ている人がいて、質問がしにくい状況だと思いますが、人の少ない時間帯の参加は実は有利と見ることも可能です。

選択できる学校の数が少ない

選択できる学校に関しては、逆に考えると良い学校のみを厳選しているとも言えます。語学留学の場合、そこまでカリキュラムが多いわけではありませんので、講師の質がポイントになるわけですが、先ほど申し上げた通り、スマ留は良い学校に選択し、そこに資源を集中させているのであって、逆に留学を希望する方は迷わなくてよくなります。

サロンの数が少ない

サロンが少ないのは確かにデメリットですが、学生さん限定で東京サロンへの往復のバス運賃を負担してくれるキャンペーンを実施中です。

対象エリアは関東や北海道、九州以外のすべての地域です。他のサロンに近い大阪や愛知、広島、福岡なども含まれているのは驚きです。

  • 対象エリア:宮城県・山形県・福島県・栃木県・群馬県・茨城県・長野県・山梨県・新潟県・石川県・福井県・富山県・愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・和歌山県・奈良県・岡山県・広島県・島根県・鳥取県・山口県・香川県・徳島県・愛媛県・高知県・福岡県

バス会社はスマ留指定のものになります。セミナーをキャンセルした場合は、バス代は自己負担となりますので、ご注意ください。

なお、バスは東京サロンがある新宿帰着とのことですので、東京観光の旅費を浮かせたい学生にもお勧めです(笑)

デメリットとしてあげたものも、そこがスマ留ならではの特徴となりメリットとして捉えることもできますね。

 

>>スマ留で無料カウンセリングを申しこむ

 

スマ留で留学可能なアイルランドについて

国土のほとんどが牧草地に覆われているアイルランド。

文学・音楽・ケルトなど独自の文化と歴史を有している魅力的な国です。

過ごしやすくフレンドリーな国民性と治安の良さでも定評のあるアイルランドには、日本人がまだ少なく、留学先としても人気を集め始めている注目度の高い国と言えます。

スマ留にはダブリンの現地オフィスはありませんが、以下の都市が人気の留学地です。

ダブリン

アイルランドの首都ダブリンは、アイルランドの政治・経済そして文化の中心であると同時に、歴史を感じさせる美しい建築物や美術館、博物館が充実しています。

穏やかな気候で住みやすく「エメラルドの島」と言われるほど緑が多いのも特徴。

観光地として有名なのが、ダブリンの象徴とも言えるクライストチャーチ大聖堂や、聖パトリック大聖堂も必見。

500万冊の蔵書を誇り、本棚が2フロアにわたって立ち並ぶ光景が圧巻のトリニティ・カレッジ図書館は見る価値大の場所。

市内には、1000軒以上立ち並ぶアイリッシュパブも観光者や地元民にも人気です。楽しめる要素もたくさんある都市がダブリン。

アイルランドの中では日本人の留学生の注目度も高い街ですが、世界各国からの留学生であふれています。

 

ゴールウェイ

ゴールウェイはコンパクトなサイズの美しい街で、中世の雰囲気を残しつつも、カラフルに彩られたおとぎ話に出てくるようなかわいらしい街並みが特徴。

ダブリンの次の観光客が多い街で、1年間を通して、映画祭などのイベントが開催されています。

ラテン・クォーターという歩行者天国の通りは、ショッピングにぴったりのストリート。

学生も多い街ですが、日本人留学生は少なめなのでおすすめの都市です。

 

コーク

アイルランドの第二の都市コーク。

街のサイズも観光をするのには歩いて回れるほどの快適さで、のんびりとした雰囲気が伝わってくる街。

街の中心にはリー川が流れていて、多くの橋が架かっていてうつくしい景色を作り出しています。

1788年から続く歴史ある市場、イングリッシュ・マーケットは、観光客や、地元の人で賑わう場所。

また、聖アン協会、聖フィンバー大聖堂など歴史に触れることもできる見所もたくさんある街です。

日本人留学生は比較的少なめで、英語に集中できる環境を作ってくれると言っていいでしょう。

 

>>スマ留の公式サイトはこちら

 

アイルランドの治安

アイルランドは、ヨーロッパの中で最も犯罪発生率が低い国と言われています。

とは言っても、スリやひったくりのような軽犯罪の被害は数年多くなってきています。

身の回りのものをしっかり管理することや、夜の一人歩きはしないなどトラブルに巻き込まれないように注意することは大切です。

まとめ

自然豊かで美しい街並みが広がるアイルランド。

ヨーロッパの下町の雰囲気を連想させる国でもあります。独自の文化がとても印象的で、一度行ったらその魅力にはまってしまうような国でもあります。

学習環境も良い国でしっかりと腰を据えた学び、そして文化にも触れてみたいと思う方にぴったり。

早速アイルランドの魅力を確かめてみてあなたの留学の夢を現実のものにしてみましょう。

 

>>スマ留で無料カウンセリングを申しこむ